マスターズ甲子園東京大会

駒場学園が4回に先制した後も確実に加点し勝利。 麻布は5回6回のチャンスを併殺打で活かすことができず悔しい敗戦。

久我山が序盤の大量リードで何とか逃げ切り勝利。 日比谷はシニアチームが猛追をみせ3点差まで詰め寄るも逆転ならず

豊多摩が2回に打者一巡の猛攻で大量得点あげ、見事勝利。 中大附属は最終回に3点を返し、追い上げましたが初勝利ならず。

昨日に引き続き、絶好の野球日和となった予選3日目は東大球場にて修徳対狛江戦が行われました。

大変気持ちの良い気候の中、予選2日目(日大二vs都武蔵)が日大二Gで行われました。

東亜学園 対 立川戦が東大球場にて開催されました。 3回に東亜学園が一挙6点を先制。その後も着実に加点し、守っては強力立川打線を見事に封じ勝利を収めました!

雨の中、行われた2018年東京大会決勝戦は日大二OBチームが見事、初優勝を飾りました!

両チーム初の決勝進出&神宮球場でのプレーを目指してナイター対決です!

連覇を目指す國學院久我山が5年連続ベスト4の東亜学園に勝利! 2年連続の決勝進出となりました!

マスターズ加盟初年度での準決勝進出を目指した国分寺を修徳が辛くも倒し、ベスト4へ! 1点を争う素晴らしい攻防でした!

さらに表示する