マスターズ甲子園東京大会

両チーム初の決勝進出&神宮球場でのプレーを目指してナイター対決です!

連覇を目指す國學院久我山が5年連続ベスト4の東亜学園に勝利! 2年連続の決勝進出となりました!

マスターズ加盟初年度での準決勝進出を目指した国分寺を修徳が辛くも倒し、ベスト4へ! 1点を争う素晴らしい攻防でした!

第2試合は順位決定戦となった東亜学園vs日体大荏原。終盤まで全く予想がつかない大接戦の展開も、最終回に東亜学園が5点を挙げ、そのまま勝利。東亜学園は2014年から5年連続の準決勝へ進出となりました。

まだ完成間もない大変キレイな浦安市運動公園野球場で試合を開催させていただき、選手の皆さんも素晴らしいプレーを見せてくれました!

第3試合は日比谷と国分寺。1点差の白熱した展開。

第2試合、東亜学園vs狛江の試合は、灼熱の中、両チーム全力で戦いました。

8月5日(日)上柚木球場で3試合が開催されました。 第1試合、麻布vs小平連合の試合は非常に白熱した展開

第三試合は中大附属vs日体大荏原。喪章をつけて臨んだ日体大荏原が終始、圧倒。中大附属も途中好プレーで追いすがりますが、18-4で日体大荏原の勝利です。日体大荏原は予選リーグ2勝となりましたが、まだ試合の行われていない東亜学園と狛江の結果により準決勝進出が決まります。 暑い中、無事三試合を消化することができました!...

本日、府中市民球場で行われた第二試合。梅雨明け翌日、夏本番を思わせる猛暑となりましたが、試合も熱い試合となりました!

さらに表示する