東京都高校野球OB連盟 · 10日 6月 2018
「第8回マスターズ甲子園関東大会」が江戸川球場にて開催されました。

東京都高校野球OB連盟 · 09日 6月 2018
6月9日、神保町にある学士会館に於いて「第8回マスターズ甲子園関東大会前夜祭」が行われました。今年は2014年に続き二度目となる東京での開催。

試合は予想通りの乱打戦となり、先制した日比谷を安田学園が追う展開。しかし5回に日比谷が一挙5点を加え、安田学園を突き放し、見事、昨年のリベンジを果たしました!

2018マスターズ甲子園本大会の出場を懸け、立川と國學院久我山が対戦しました!

3本の本塁打やセーフティースクイズなど多彩な攻撃で、強豪立川OBを破り國學院久我山OBが勝利! 11月に行われるマスターズ甲子園本大会への出場権獲得!

序盤は点の取り合いとなり、一進一退の攻防。しかし、4回に修徳打線が17得点を挙げ、安田学園を振り切り見事勝利!

時折小雨が降る中、日体大荏原対狛江戦が日体大荏原グラウンドで行われました。 前半は投手戦となり締まったゲームとなりましたが…

中大附属対東亜学園戦が日大二高グラウンドにて行われました。 序盤から東亜学園の打線が爆発!中大附属も最後追い上げるが届かず

昨年準優勝の城北OBチームが序盤リードするも3回に駒場学園OBチームが逆転し、点の取り合いとなった試合は最終回(5回裏)に城北がワイルドピッチで同点として試合終了。決勝トーナメントを目指す両チームにとっては手痛い引き分けとなりました

国分寺OBチームが都武蔵に36年前のリベンジを果たす! 24安打31得点。しかも1安打完封の見事な投手リレーでマスターズ初勝利!

さらに表示する