2019マスターズ甲子園東京大会:予選9日目第三試合

 国分寺は初回、一死から青島選手、高見選手、大塚選手の三連打などで3点を先制。続く、2回も二死から相手のエラーをきっかけに初回同様、青島、高見、大塚の三連打で3点を追加。3回も新井選手、大澤選手、永野選手の三連打で1点を加点し7-0とする。
大量リードされた立川は3回相手のエラーと3本の長短打で3点を返し反撃開始。

 4回には一死から四球を含め、3本の長打などで一挙5点を取り、鮮やかに逆転。8-7とする。

 最終回となる7回には8連打で7点を加点したところで時間となり試合終了。結果14-7で立川の勝利です。

 

 国分寺は4回以降、立川の茂野投手、北澤投手、渡辺投手の前に2安打に抑えられ、悔しい敗戦となりました。

【国分】34歳以下:青島 - 高見 - 大塚

    35歳以上:新井 - 高辻

【立川】34歳以下:原口 - 茂野

    35歳以上:北澤 - 渡辺

 

 ▽本塁打(国)

     (立)

 ▽三塁打(国)高見

     (立)小川・堀口

 ▽二塁打(国)

     (立)安川・数納×2・川上・星・佐藤

 



2019マスターズ甲子園東京大会:予選G.Ⅱ

 

6月9日(日)14時15分試合開始

 

@江戸川球場

 

   国分寺OB  

VS

        立川OB