2019マスターズ甲子園東京大会:予選5日目第二試合

 麻布対駒場学園戦は両チームに好プレーがあり、マスターズの試合とは思えないとてもスムーズな試合展開となりました。

 麻布は2回、この回先頭の岡田選手が二塁打で出塁。一死三塁となった7番岩井選手のセカンドゴロの間に本塁へ突入するも駒場学園名倉選手の正確なスローイングで間一髪アウト。先制のチャンスを逃しました。
 また、5回6回にもランナーを出すものの、共に併殺打でチャンスを活かすことができませんでした。


 一方、駒場学園は4回、一死から四球で出塁した永川選手が盗塁とキャッチャーの悪送球で三塁に進み二死後、7番船岡選手の打席の時にワイルドピッチで先制。5回には二死三塁から4番那須野選手の左中間を破る二塁打で追加点。6回7回にも相手のエラーやタイムリーヒットで得点し、結果、7-0で駒場学園が勝利しました。

【麻布】34歳以下:岩井 - 本間

    35歳以上:宮澤 - 出井

【駒場】34歳以下:五十嵐 - 西本

    35歳以上:那須野 - 矢嶋

 

 ▽二塁打(麻)岡田

     (駒)那須野・藤

 



2019マスターズ甲子園東京大会:予選G.Ⅳ

 

5月12日(日)13時30分試合開始

 

@江戸川球場

 

  駒場学園OB  

VS

         麻布OB